忍者ブログ
カードの感想とか所持してるデッキのレシピとか。低速更新
[41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



のっけから酷いタイトルですがw
綺羅の歌姫に収録されているトップアイドルパシフィカ(以下パシフィカ)のクロスライドであるエターナルアイドルパシフィカ(以下エタパシ)
彼女を軸としたデッキを使ってみての考察というか感想というか、そんなものを書いていきたいと思います

では続きからどうぞ

エタパシの能力は以下の通りです
【自】【(V)】LB4:[CB3]このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの《バミューダ△》のリアガードを2枚まで選び、手札に戻し、あなたの山札から《バミューダ△》を1枚まで探し、(R)にコールし、その山札をシャッフルする。
【永】【(V)】:あなたのソウルに「トップアイドル パシフィカ」があるなら、このユニットのパワー+2000。
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)

はい
今ではすっかりおなじみのクロスライド持ちです
バミューダはクロスライドをしなくても、ソウルチャージでパシフィカを吸い込める可能性があるのがうれしいところですね

もっとも、それを狙うにはロマンが溢れすぎていて確実性など皆無ですが
なので、素直にクロスライドを狙うか、いっそ諦めてヴェールからのブレイクライドを狙うかの2択になると思います


使ってみた感じですが、いかんせんコストが重いです
2枚までバウンスしてからのデッキを直接サーチするので当然かもしれませんが…
ほぼ1回のファイトで1回しか発動できないと考えるのがいいでしょう
ヒールや自爆ユニットを使っても2回がいいとこですので、無理に狙うのはしんどそうです

では、この能力で何を戻して何をコールするのか?

バウンス対象…キャリン&リオ、ケルト&クリア
コール対象…アタッカー全般、次ターンが回ってくるのであればエリー

こんなところでしょう
コール対象がやけにざっくりしていますが、その時々で変わるものなので適当でいいと思います
バウンス対象であるキャリン&リオはいわずもがな
手札補充とソウルチャージを同時に兼ね備える優秀なカードです
時々重要なカードを吸い込んじゃいますが、仕方ないことです。割り切りましょう
コストがCBと、エタパシと競合するので連発できないところが悩みどころと言えるかもしれません

ケルト&クリアは新規カードです
フェイズ指定も名称指定も無いので、どのバミューダデッキにも投入しやすく、パワーもアタッカーorブースターとしては問題ないレベルです
コストがSBなので枯渇に注意ですが、ソウルチャージには長けている方なのでおそらく問題はないでしょう
パンプアップ値は4000と、なかなかの数値なので相手のガード値を地味に狂わせられるところも大きなポイントです

コールしたエリーはモナ(R登場時CB1)やペルラ(要Vヒット)で回収するといいと思います


ここでエタパシデッキの弱点ともいえる部分があるわけで

スキルを使ったターンの次以降、普通に殴り続けるだけ

これに尽きるわけです
ラブラドルと比較するとパワーラインがどうしても貧弱なものになりがちで地味な部分が目立ちます
クロスライドすれば一応の防御力が見込めますが、最近はインフレが激しいので期待も出来ません
長期戦よりも、早々に勝負を決める速攻タイプのデッキなのではないかと思いますね

下手にコンボを狙うよりも、ボコすかとヴァンガードを殴り続ける方が向いてるのかもしれないです
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ねこた
性別:
男性
職業:
社会人
自己紹介:
当サイトへのリンクなどにつきましては、《コチラ》をご覧いただければと思います。

所持デッキ一覧
光の聖域
撃退者
銀の茨
鋼闘機
銃士
超越ネオネク
コーラル
カウンター
当サイトに使用しているカード画像は、
カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ ルサイトより、ガイドラインに従って転載しております。
該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
(C)bushiroad All Rights Reserved.

Copyright © 
貪欲な白百合  All Rights Reserved.
*Material by シェルの素材工場  *Template by Nahema
忍者ブログ [PR]